1/6

【平野屋】果物茶「梨ほうじ茶」「柿玉露粉茶」2種セット

¥3,460 税込

※この商品は、最短で6月28日(金)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

別途送料がかかります。送料を確認する

日本茶とドライフルーツを一つのコップの中で一緒に楽しむデザートのようなお茶。ゆっくりと時の流れを感じながら、やさしい甘さをお楽しみください。
島根県立大学生のアイデアから生まれた商品。地域資源を活用したい想いから、栄養があるにもかかわらず廃棄されがちである果物の「皮」に着目。当店の日本茶をベースに皮もブレンドしたお茶とゆっくり甘さ溶け出す氷砂糖、そして島根の地で育った果物のドライフルーツがひとつのコップの中で果実茶として生まれ変わります。高ランクの茶葉を使用しているため、味わい深く、1煎目のみならず2煎目もまた違う味わいでお楽しみいただけます。

■内容量
「梨ほうじ茶」=55g(1袋11g×5個)
「柿玉露粉茶」=55g(1袋11g×5個)

■賞味期限
製造から1年

【商品デザインのアピールポイント】

平野屋さまは、島根県浜田市の地で茶舗として200余年の間、真心を茶に托してこられてます。
そんな平野屋さまの新たなチャレンジは、島根県立大学の学生さんのアイデアを実現させたいという商品開発プランでした。
広島市産業振興センターを通じてのご縁でしたが、平野真里香さんとやり取りさせていただいた印象は、若くても老舗の伝統を背負っておられる落ち着きというか、なにか凛としたものを感じました。
なにより感服したのは最初の試作を試飲した時、私は正直な感想(商品としての個性と味わいが薄いのでは・・・)を述べたのですが、それに対する対応でした。
平野さんは淡々と改良に着手され、その後出来上がった試作品は見事に問題点をクリアされてました。
それに加え、果実茶として他にないスタイル提案を持つ素敵な商品に仕上がってました。
そうなるとこちらの方も、それに見合うビジュアルを創りたいと熱が入ります。
パッケージの方向性の複数提案やメインビジュアルの吟味、それに屋号ロゴの微調整やショルダーフレーズの設定など、直接はパッケージのデザインに関係しないところまで気を配りました。
遠目にも視認性よく見極められ、手に取ればすぐに平野屋の商品と判断でき、さらには将来的にパッケージ形態が変わっても、デザインテイストを継承しやすいものを念頭に置いています。

【平野屋さまから一言】

有限会社平野屋
営業本部長
平野真里香
https://lit.link/hiranoyatea

行政からの紹介でご縁をいただき、商品のパッケージデザイン依頼をと思っていましたら、商品そのもの、さらには各原材料にも真摯に向き合ってくださり、商品のスタイルや味、そして会社のキャッチコピーまでご提案くださいました。
デザインは単なる表面的なパッケージのみのデザインではなく、しっかりと中身のあるストーリーを兼ね備えることが、デザインであるのだなと嬉しい衝撃を頂きました。
昔ながらの日本茶の良さも伝え続けたい想い、地元の特産物と掛け合わせた新しい商品で日本茶の新しい可能性や面白さを伝えたい気持ち、さらに「平野屋らしさ」など丁寧に拾い上げてくださり、数々の実績から道筋を示していただけ、スッキリとしつつ、他の商品と陳列していてもパッと目に入る印象的な商品が生まれました。
お客様からも「パッケージ、手が混んでて素敵ですね」と嬉しいお声も頂いています。
ロングセラー商品にしていくために今後とも精進したく存じます。

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥3,460 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品